コメントは受け付けていません。

段ボールライナーの生産性

Posted under テーマ段ボールのリスト by Wilson Cham on 2014-02-15

(1) 生産性 段ボールを製造する工程に適合しなければならない。

水分の均一性 ライナーの含有水分が均一であることは、段ボールを製造する条件で最も重要な基本的な条件である。
もし含有水分が不均等なライナーを使用すると、生産速度が上がらいため、反りかえり現象、接着不良、乾燥等が発生し、良質の段ボールの生産は難しい。

優れた接着適性

ダンボールを接合する場合のスピードは高速化されているがライナーの接着性は非常に重要である。


優れた耐折線

段ボール箱の製造時に罫線を入れる部分に破裂が発生しない用に、耐折線が優れていなければならない。
そこが弱いと罫割れ不良をおこします。


優れた印刷適性

段ボール箱の外観的価値を大きく左右する適切な印刷適性のライナーが必要である。

①内側ボール紙 ライナーのように湿気による強度劣化率(劣化率)を少なくする性質を付与したパルプ芯として別名耐水ライナーと呼ばれる。

②強化ボール紙 通常の両面段ボールではなく、箱の耐圧強度が高いのが特徴で、資源の節約、包装経費節減のキャッチプレイスとしてメーカーに応じていくつかの 製造方法で強化段ボール用ボール紙が製造されている。

ボール紙は段ボールのフルートを形成する原紙で段ボールの構造力学に中心軸を担当しており、接合時引張力の速度は、ライナーよりも1.3?1.6倍程度速いこと 段ボールの構造を介して簡単に理解することができる。
また、骨形成の過程での圧力も大きく、接着剤をまず適切に受け入れる役割を担当することも ボール紙の特徴である。